• 夏間近 雨にけぶる 沼袋

  • 開催日:平成31年2月14日(木) 20:00~21:00
  • 会 場:沼袋区民活動センター
  • 出席者:検討会会員9名、バス会会員5名(重複会員含む)

今回、本検討会発足以来初めての試みとして、沼袋駅前バス通り商店街を考える会(以下、バス会)との意見交換を本会第70回運営委員会の後に実施した。バス会会員の方々はバス通り商店街の商店主でもあり、特に今回の区画街路4号線の拡幅事業においては直接に係られることからその思いは切実であり、本検討会としても大変貴重な意見を伺う事ができた。

バス会からの主な意見

・区画街路4号線(バス通り)については、それと交差する地区施設道路(後背住宅地の避難道路として幅員6mで整備される事が見込まれる道路)も同時に決めてもらいたいと考えている。バス通りの拡幅、地区施設道路の拡幅の時期がずれると建替えが2度生じることになり、無駄な負担が生じる。

・商店街における自転車通行については、法律では規制できない内容も考慮する必要があり、例えば、「沼袋のルール」の講習会等を設け、講習を受けた人には独自のステッカーを発行するなどを考えている。

・道路整備後の商店街においては大型店舗の誘致による、いわゆる「コバンザメ商法」も大いにありと考えている。

 497 total views