• 2021年「沼袋」春の夢 ( ̄ー ̄)

2020年(令和2年)11月14日(土)午前10時~午後12時、沼袋区民活動センターにおいて講演会を開催しました。

西武線地下化及び区画街路第4号線(バス通り)の拡幅事業が進められている中、まだ多くの地域住民の方々に事業内容や事業そのもの自体が理解されていない状況を聞くに及んで、本検討会として周知活動の一貫として講演会を実施するに至りました。

講演会は2部構成で、第1部は中野区まちづくり事業課長川野氏により、区画街路第4号線の拡幅事業についての事業概要や拡幅後の道路構造、事業スケジュール及び沿道権利者への支援体制などについての説明報告が行われ、第2部では、沼袋のまちづくりに長く関わられている専門家、市川均先生により、現代におけるまちづくり体制の類別役割とその潮流、沼袋におけるその実践経緯などが専門語を交えて示され、今後の沼袋のまちづくりにおいて地域住民が主体的に取り組むべき事項を示唆する内容でした。検討会会員としても会発足から8年の間に、ある時は漠然とした感覚で取り組んできた事が、改めて整理され理解を深める事が出来たのではないかと思います。

講演会当日に参加出来なかった方や参加された方でもう一度内容を確認したい方、沼袋のまちづくり事業の現状を知りたい方は以下の動画をご視聴頂けましたら幸いです。

本検討会としては、今後ともこの様な講演会を適時実施していきたいと考えておりますので、地域の皆様方ほかのご参加をお願い申し上げます。

今回、コロナ禍の中講演を快く引き受けて下さいました講師の方々及びご参加下さいました地域の皆様方には厚く御礼申し上げます。また、共催として運営に関わって下さいました沼袋区民活動センター運営委員会の方々に感謝の意を申し上げます。

 992 total views



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA